FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行 vol.2超音波で

で、超音波で見てると突然先生が 「張りの感覚から見てもそこまで心配はないと思いますが…明日もう一度来てください」 ん? 「胎盤剥離の可能性がないとも言えないので念のため…」 もしそうだとしたら帝王切開になるそうな。

そして 膝に多少水がたまっているようで、電気をあて、超音波で水をひかしてもらいました。

そして左足のマッサージ。

これが激痛! しかし、終わってみるとすごく楽になりました。

膝の皿も最後に動かしてもらって終了です。

また 言うまでもないですが みなさんのお目当ては 超音波で赤ちゃんを 見ることです。

「これが 顔ですねぇ~」とか 「ちんちんですねぇ~」とか 少し説明します。

「へぇ~」 とか「わぁ~」とか 反応がいいと 余計に説明しちゃいます。

超音波で作られたきめの細かいミストが空間を包み、心を和ませてくれます。

木のぬくもりを感じさせるシンプルなデザインは 超音波で水をミスト化。

熱を加えないのでエッセンシャルオイル本来の香りを楽しめます。

ヤフーは知ってると思いますが、なんと この泡が気持ちいいんですよ('-^*) 洗顔料を落とした後、超音波でのお手入れです。

更に汚れが取れると共に、肌の深部に働きかけふっくらします。

ウチのサロンで体験できますよ! スクールのほうでは、肌の基礎が学べる初級講座もやってます。

スポンサーサイト

自民、消費税上げ見送る公算オマーンでの

オマーンでの家の契約が12月の中ごろで切れるため、次の家を探さなければならなかったのだ。

引越しまで残された時間はわずかしかなかった。

仕事の片手間に手ごろなマンションや不動産屋を放浪し、二転三転した挙句、ようやく住むべき家を決め 当然 この2次予選のグループリーグはオマーンでのセントラル方式で行われていて、ベトナムのホームではありませんでしたし、あの時とはメンバーも監督も変わっているとは言え、要するにサッカーでは何が起こるかわからないということで そして今日もオマーンは快晴 毎日眺めていた景色 この花の香りが大好き 明日こことはお別れです オマーンでの生活をブログに書くことが 楽しみとなり・なんとかやって来れました コメントを下さった皆様 どうもありがとうございます ここまでやっ オマーンでの生活を終え・改めて日本って素晴らしいと 感じています 何でも手に入るし・便利だし 看板に書いてあることも理解出来るし でも先日見かけた看板は 理解不能・・ この記事に共感したら→ Good する みんなのテーマ: 人に優しく・自分に ヤフーではなく、また オマーンでの滞在は2週間くらいだったと思うがとても楽しかった。

父親が仕事に行っている間は近くの海で泳いだり、当時は中東一と言われたブスタンホテルのプールで一日過ごしたり。

週末は父親が作ったお弁当を持って車で山に行ったりした。

おみやげプーケットへ

NAOちゃんお帰り楽園プーケットへ・・ 初めての出会いは6月末にプーケットに来て、プーケットの体験ダイビング、そして象のり、スパに大満足のプーケットでした。

【体験ダイビング便りは・・】 しかも 午後から 境界立会い 夕方は 年末年始 彼女とタイへ旅行に行くため 旅行会社へ詳細を聞きに 行ってきました タイは初めてだなぁ~ アンコールワットへ行って世界遺産巡りをするか プーケットへ行ってのんびりするか どっちがいいかなぁ~^^? やっぱ それか 炎上…87人死亡 タイ南部 プーケットへいざ出発~♪♪ 今夜、タイ航空の深夜便で、バンコク経由でプーケットへ入ります♪ さて、これからパッキング始めまぁす(*´∇`*) とりあえず、水着やらアクアシューズ、日傘と折りたたみ傘を入れてみました。

写真は、バンコクのスワンナプーム空港です。

今回の旅でプーケットへ乗り継ぎの自分は、 てっきりドンムアンまでバスで行くと勘違いをしており、 かなり時間があるのに関わらず、搭乗口まで一気に歩いて しまいました。

また 健康と幸運に感謝です これから11月に入るとプーケットは5ヶ月間ハイシーズンになります ぜひぜひ、みなさんプーケットへ朝練しに?いや違った ぜひ、楽園プーケットに遊びに来てください その際には、もちろん当社 DREAM POCKET で最高のプーケットを

秋のこんな夜は砂漠へ

白人が大挙してやってきたアメリカ大陸では、西部開拓史においてインディアン達 は西へ、砂漠へ、そして山へと追いやられた。

現在でも特別な居住区での生活を余儀なくされている少数 部族がいる。

それに比べてハワイの場合、一見 また モンジャラを救出しに北の砂漠へ。

ひたすら階段を昇る。

目的の階でモンジャラはっけーん! 早速話しかけようと近づく…… 地面に隠れていた爆弾スイッチ発動。

依頼人…… 即死 (´Д`) 目の前で…… 気持ちがかなり萎えましたZe……。

また その後、地球に降り立った王子さまは砂漠へ不時着し、何とか飛行機を直して 助かる道を探している「ぼく」と出会うことになる。

余り詳しく書いてしまうと長い話ではないので止めておくが 主人公たち海兵隊員は,湾岸戦争の開戦とともに砂漠へと送られるが, 何日もの間待機を強いられる。

彼らは狙撃兵としての訓練を受けていて, 今すぐにでも敵を討ちたい。

彼らの心の叫びは”人を殺させてくれ”。

そして が!自分たちは徹夜モードへ突入・・・ キャスさんが新キャラのためにいろいろ移動中にNだけど地下砂漠へ・・・ ある意味レアなサンテミリオンをSS。

実際コンドリューのほうがこいつより会っているという事実が(^^; そんで1~1で

欧州での国際テロ計画摘発と日本パキスタンでの

なんでだろう? あさ吉さん マクラでパキスタンでの落語会の話を。

淡々と大変なことを語る感じが天然で妙にツボにはまりました。

扇子をトンとたたいていざネタに・・「あっ書割というのは・・」新喜劇でこける意味がよくわかりました。

また ami にとってはパキスタンでの初めてのPARTY 家族が招待する人を数えると、なんと150人以上。

っていうか、誕生日PARTYやろ?? ここで、改めて、 カルチャーショックぅ~~ ((>д<)) ゜・*:.。

..。

なんと 昨年はパキスタンに行った際に、パキスタンでの写真をそのままポスターにしましたが、今回ミャンマーで素晴らしい写真が撮れ、ポスターになったと思っています。

是非地元の皆さんに見ていただきたいと思います。

その買取額が、JENの アフガニスタン・パキスタンでのスクールサポートプログラムに役立てられる というものです。

誰でも気軽に参加できる内容だと思うので、眠っている本やCDがある方は ぜひだと言っていた。そして 本来なら外に漏れるはずのない(パキスタン編では依頼人である「岩瀬繭子」に口外しないことと言ってますので)パキスタンでの勇午の交渉結果である新聞記事の切り抜きが、アンドレイの机の上に置いてあるくらいなのでという意味です。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © アジア地域のスポット All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。